新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 新着情報

新着情報

オンラインイベント

灘の酒 meets ONLINEにご参加ください!

2020年11月28日(土)14時から16時にオンラインイベント「灘の酒 meets ONLINE」が開催されます。 第一部は自由参加形式の「灘の酒YouTube生配信」で、「大食い」でおなじみ!唎酒師かつフードアナリストの資格を持つ、もえのあずきさんと蔵元が日本酒の魅力を熱く語るトークライブです。 第二部は事前に申込が必要な「灘の酒オンライン酒場を楽しもう」(定員制)で、オンラインカ...

社会貢献活動酒心館ニュース

「中小企業庁 はばたく中小企業・小規模事業者300社」に株式会社神戸酒心館が選定されました

「中小企業庁 はばたく中小企業・小規模事業者300社」に弊社が選定され、2020年11月12日(木)に梶山弘志経済産業大臣による授賞式がオンラインで執り行われました。 弊社が直面した様々な課題を独自のアイデアや技術で解決し「生産性向上」と「ものづくり」の成果を出すにいたった「清酒・観光・飲食事業の一体運営」ならびに「IoTを導入し杜氏の伝統技術をデータ化」の取り組みについて、高い評価をいただくこ...

オンラインイベント酒心館ニュース

「サケグラフィ」プロモーションがロンドンで始まりました

あなたも「日本酒」+「写真」=「サケグラフィ」 をフォローされませんか? サケグラフィは、日本酒・焼酎メーカー協会(JSS)が主催する史上初のソーシャルメディアでの日本酒プロモーションキャンペーンです。 今や日本のみならず、世界中で何百万人もの人が定期的に日本酒を楽しんでいます。 日本酒の種類も豊富で、イギリスをはじめ世界中で年々その人気は高まっています。 今回のプロモーション...

東明蔵

月便りの酒 第5弾|上燗屋を販売いたします

蔵元ショップ東明蔵(とうみょうぐら)、ならびにオンラインショップ「eShop酒心館」 におきまして、 11月11日(水)より、「月便りの酒」第5弾 燗酒におすすめ「上燗屋」を販売いたします。 今月は、古典落語の演目で有名な「上燗屋」を冠した辛口のお酒です。 青竹や杉を思わせるすっきりとした香り、爽やかな口当たりです。 複雑性のある余韻がほどよく続く辛口の味わいで、45℃の「上燗」でいっ...

さかばやし

年忘れ・新春の懇親会プラン 2020年11月~2021年1月

    年末年始の楽しいひとときを安心の空間でお過ごしください   <少人数様向け会食プラン> 地元の旬の食材を使用した銘々盛りの会席料理 ・酒心館会席    全10品 8,000円 ・灘会席      全9品 6,000円 ・季節のミニ会席  全7品 3,850円 ※お飲物は別料金です 早期ご予約特典 来店日の1ヶ月...

イベント

おとな旅・神戸で、チョコレートと日本酒のペアリングを楽しんでいただきました。

「[神戸酒心館]×「JHOICE(ジョイス) 日本酒とたのしむチョコレートの世界」と題し、ペアリングの一時を楽しんでいただきました。 宝石のように魅力的なチョコレートと、福寿の日本酒を楽しんでいただきました。 産地毎に異なるカカオの魅力を最大限に引き出す「素材」のかけ算に、さまざまな個性の日本酒がそれぞれにアプローチを行うさまを体験いただけたと思います。 ...

メディア掲載社会貢献活動

神戸新聞で取りあげていただきました

酒造と水車の歴史学ぶ「小水力発電の可能性を議論」 灘の酒造りの礎となった水車は約300カ所にも及んでいました。 この歴史から次世代の再生可能エネルギーを考える討論会が神戸酒心館ホールで行われました。 弊社社長もパネリストとして参加し、その活用方法を話し合いました。 ...

さかばやし今月のうまいもん

11月のうまいもん/落ち鱧

鱧の本当の旬は、晩秋にあり! 一般的に鱧は、夏の魚というイメージが強いようです。実のところ、鱧の旬については作られた話で、歩いてモノを運んでいた時代、夏になると魚が傷むことから海のない京都では、あえて夏の魚として鱧を売り出しました。そのことからいつしかその話が真(まこと)しやかに伝わり今日に至っています。鱧は他の魚に比べ、生命力があって海水から揚げても皮膚呼吸だけで24時間以上生きる...

社会貢献活動酒心館ニュース

弊社会長が兵庫県功労者表彰被表彰いたしました

本日、兵庫県より令和2年度兵庫県功労者表彰が発表され、弊社会長の安福幸雄が国際協力功労を被表彰いたしました。 長年にわたるフランスとの国際交流に尽力した功績に対していただくこととなり、大変名誉なことと存じます。 日頃よりお世話になっております皆さまに衷心より感謝を申しあげます。

さかばやし旬の会

(2020.12.3)淡路島三年とらふぐとしぼりたての酒を楽しむ会

 冬の代表的な海の幸である「ふぐ」。 食材の宝庫として知られる淡路島には、世界三大潮流のひとつである鳴門海峡で育てられた「淡路島三年とらふぐ」が広く知られています。  鳴門海峡の激しい潮流にもまれながら三年という長い月日を経てゆっくりと育った三年ふぐは、身が引き締まった絶品の誉れ高いふぐのひとつです。  身は味わうほどに上品な甘みと、旨みが口の中いっぱいにひろがり、対照的に白子は濃厚で深...

TOPへ