新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 今月のうまいもん

今月のうまいもん

さかばやし今月のうまいもん

5月のうまいもん/淡路島サクラマス

夏の鱧、冬の三年トラフグに次ぐ淡路島・春の名産品  淡路島は、海の幸の宝庫で、島内でも特に南西に位置する福良漁港は、このところ続々と名産品を生み出しており、現在注目すべき港のひとつといえるでしょう。淡路島といえば、夏の鱧が有名で、これに続く魚介ブランドとして「淡路島三年とらふぐ」が有名になりました。「淡路島三年とらふぐ」の産みの親は、福良漁協組合長で若男水産代表の前田若男さんです。彼がこ...

さかばやし今月のうまいもん

4月のうまいもん/シラス

兵庫に春の到来を告げるシラス漁  兵庫県では春になると、シラスが食卓を飾ります。シラスの産地は、静岡・兵庫・神奈川・茨城・大分などです。年間を通じて流通はしていますが、春から11月末ぐらいまでの漁とし、殊に名産地の代表・淡路島では12月~3月までを禁漁としています。そのため、4月になるとシラス漁が行われ、市場を賑わすことが多く、春を待つ魚と思われています。ちなみに淡路島ではシラスの旬...

さかばやし今月のうまいもん

2月,3月のうまいもん/酒粕料理

女子大生が、なんと江戸時代のつまみを発掘  今年も酒粕プロジェクトが始まりました。同プロジェクトは、酒粕文化の火を消さず、後世に継承すべく、8年前から冬になると行われているもの。「神戸酒心館」が旗振り役を務め、関西の評判の高い料理人たちが各自の店で「福寿」の酒粕を使って新作料理を発表。その技と、使い方の妙を競います。酒粕といえば、和の素材ですが、今やその粋を飛び越え、和洋中にスイーツ...

さかばやし今月のうまいもん

1月のうまいもん/神戸の苺

二郎(にろう)を代表に神戸苺は、全国に聞こえた神戸農産ブランドの一つ  意外に思われるかもしれませんが、神戸は農業王国で、軟弱野菜やイチジク、苺が農産物として有名です。その生産を担っているのは、神戸市西区と北区の農家。農地が広く消費地に近いために多くの野菜が栽培されています。また、スイーツ王国でもある神戸にとって苺は重要な食材。ケーキはもとより、加工したお菓子にも多用され、日本料...

さかばやし今月のうまいもん

12月のうまいもん/淡路島三年とらふぐ

関西に冬到来を告げる、定番のふぐ料理  ふぐは、関西人にとって愛すべき食材。冬の到来を何で知るかとの質問に「てっちりを食べたこと」と答えるのは、実に関西人らしい解答でしょう。明治以前に食べることが禁止とされていたふぐを、食すきっかけを作ったのは山口県の下関です。ただ、その消費量は現在のダントツ一位で大阪です。ふぐの産地が、福岡や長崎などの西日本中心のため、昔からふぐを安く食べられ...

さかばやし今月のうまいもん

11月のうまいもん/落ち鱧

鱧の本当の旬は、晩秋にあり! 「鱧は晩秋が美味しい!」、そう訴えて何年が過ぎたでしょうか。これまで様々なメディアにおいて関連記事を書いたことで、落ち鱧を本当の旬とする動きが高まってきたように感じます。淡路島へ行くと、「曽我さんが落ち鱧の価値を訴えるために、晩秋の鱧の値段が上がった」なんてぼやかれます。私が鱧の本当の旬を知ったのは、20年くらい前。淡路島・由良漁港にて仕入れを通じて知りまし...

さかばやし今月のうまいもん

10月のうまいもん/婦木農場の秋野菜

家族が畑で丸かじりできる野菜を   籠に盛られた黒枝豆。これが「婦木農場」をテーマにした旬の会のまず初めのごちそうです。丹波の秋といえば、黒枝豆が有名で、その解禁日には車を走らせる人が目立つほど。産地として知られる築山では、黒枝豆を求める方の車で渋滞が起こると聞きます。築山から近い丹波・春日町も同じように黒枝豆が収穫されており、勿論、同町にある「婦木農場」でも生産されています。黒枝豆と黒...

さかばやし今月のうまいもん

9月のうまいもん/無花果(イチジク)

神戸は農業王国で、イチジクが名産  神戸は、おしゃれな街として知られ、イタリア料理、フランス料理などの外国料理が発達。神戸を含む阪神間ではスイーツも有名で、旅する人達はそれらを目的に街を巡るようです。一見、おしゃれなグルメが際立つように思えますが、実は神戸は農業王国。菊菜やホウレン草など俗に軟弱野菜と呼ばれるものは、全国的にも秀逸なのです。神戸の農業は、都市近郊型で、地の利をいかした...

さかばやし今月のうまいもん

8月のうまいもん/穴子

「穴子は焼きか、蒸しか!?」  札幌でふらりと入った寿司屋で、やたらと穴子を薦められました。大将に聞くと「明石のいい穴子が入荷したのだ」と言います。申し訳ないが、当方は神戸っ子。「多分、その穴子より上物を食べているよ」と断りました。その寿司屋が薦めるように明石浦漁協では良質の穴子が水揚げされています。穴子の産地は、江戸前と称される羽田沖と明石、そして対馬の西側が有名です。これらは...

さかばやし今月のうまいもん

7月のうまいもん/明石蛸

「半夏生があるこの月は、明石蛸を食べる」  明石は、言わずと知れた魚介類の宝庫。明石浦漁協の人の話では、明石には三大名物があり、それらを「たこに乗りたい」と覚えるといいそうです。このフレーズには、「蛸・海苔・鯛(たこ・のり・たい)」が含まれており、つまりこの三つが明石名物だとの話でした。近くに良い蛸が獲れる漁場があるからか、関西人の蛸好きは有名で、現に「さかばやし」で毎年この時季に明...

TOPへ