神戸酒心館

新着情報

  • 5月のうまいもん/烏賊(イカ)

    5月のうまいもん/烏賊(イカ)

    さかばやし

    酒の肴には、炙ったイカだけでいい?!  八代亜紀の「舟唄」で「お酒はぬるめの燗がいい、肴は炙ったイカでいい」という一節があります。この唄でもわかるように日本では古くから酒の肴にイカが当てられ、ちびちび飲む光景がどこの店や […]

    くわしく見る

  • 4月のうまいもん/神戸元気サーモン

    4月のうまいもん/神戸元気サーモン

    さかばやし

    「福寿」の酒粕を餌に用いて育てた神戸の新名産  日本全国でご当地サーモンが盛んで、そのブランドの数たるや、80近くもあるそうです。神戸では、須磨区の妙法寺川河口域で育てている「神戸元気サーモン」もそのひとつ。愛知県の淡水 […]

    くわしく見る

  • 3月のうまいもん/酒粕料理

    3月のうまいもん/酒粕料理

    さかばやし

    明石浦漁協とコラボした「浦サワラの吟醸粕漬け」は、稀少な一品 JR明石駅から南西に歩くと明石浦漁港に至ります。ここで明石ダコや明石鯛など様々な魚介類が水揚げされます。明石浦漁協のセリ担当・宮﨑鉄平さんの話では、「明石の名 […]

    くわしく見る

  • 2月のうまいもん/酒粕

    2月のうまいもん/酒粕

    さかばやし

    田辺聖子著「芋たこなんきん」にちなんで新たな酒粕料理が  毎年2月から3月までは、酒粕プロジェクトの実施期間です。10年ぐらい前には、酒粕文化が薄れ、関西でも粕汁を作る家庭が少なくなっていました。加えて、日本酒の生産量の […]

    くわしく見る

  • 1月のうまいもん/須磨海苔

    1月のうまいもん/須磨海苔

    さかばやし

    黒くて肉厚がいい地元の名産品 私達の食生活に欠かせないものの一つが海苔でしょう。日本人と海苔の関わりは古く、1500年前ぐらいから食していたとも伝えられています。海苔の消費量を見てみると、2020年の調査では佐賀県が全国 […]

    くわしく見る

  • 12月のうまいもん/淡路島三年とらふぐ

    12月のうまいもん/淡路島三年とらふぐ

    さかばやし

    今や兵庫県を代表する名産品に成長  寒風吹きすさぶようになると恋しくなるのがふぐでしょう。関西人は、特にふぐ好きで知られ、「てっちりを食べないと今年が終わらない」と言う人までいるくらいです。最近では首都圏でもふぐ食が増え […]

    くわしく見る

  • 11月のうまいもん/秋のきのこ

    11月のうまいもん/秋のきのこ

    さかばやし

    低カロリーで、免疫力アップに役立つきのこはいかが?  秋は食欲が高まる季節。この時期になると秋の味覚として美味しくなる食材が取り挙げられます。戻り鰹に、紅葉鯛、魚へんに春と書くのに実は鰆も秋が旬。鱧だって夏ではなく、晩秋 […]

    くわしく見る

  • 10月のうまいもん/丹波 婦木農場の秋野菜

    10月のうまいもん/丹波 婦木農場の秋野菜

    さかばやし

    丹波 婦木農場の秋野菜 農場で製造されたチーズも黒枝豆同様に注目! 猛暑、酷暑とはよく言ったもので、今年の夏は連日体温レベルの暑さ。堪えたのは人だけではなく、野菜や米といった農作物にもかなりの影響が出ているようです。10 […]

    くわしく見る

  • 9月のうまいもん/神戸のいちじく

    9月のうまいもん/神戸のいちじく

    さかばやし

    全国的に名を轟かせる神戸の農産品 一般の方は、意外な印象を受けるかもしれませんが、実は神戸は農業王国。海に面した都市部は一部分にすぎず、北区や西区には農地が広がっています。産物としては、春菊やホウレン草などの軟弱野菜が有 […]

    くわしく見る

  • 8月のうまいもん/淡路島の鱧

    8月のうまいもん/淡路島の鱧

    さかばやし

    鱧は大物に限るは、漁師町の常識  「エッ?!15kgの鱧が水揚げされた!」。7月の初めにこんなニュースが淡路島由良漁港から飛び込んで来ました。早速、現地に行ってみると、見事な大きさ。人の背丈ほどあろうかという大ぶりで、意 […]

    くわしく見る