| Other Languages |

さかばやし

日本酒の日(2018.10.1) 、「純米酒 秋晴れ」で19時に乾杯!

日本酒の日(2018.10.1) 、「純米酒 秋晴れ」で19時に乾杯!

10月1日(日)は、日本酒の日。 全国一斉に日本酒で乾杯をします。 さかばやしでは、同日19時にご来店のお客様に乾杯用として「純米酒 秋晴れ」をグラスサービスさせていただきます。     ▼純米酒 秋晴れ 男酒と言われる押しの強い灘のお酒は夏を経て熟成するとまろやかな香味へと変わります。ちょうどその頃、からりと晴れ渡る秋空に例え、いつしか灘酒は「秋晴れす...

9月のうまいもん/小代の夏鹿

9月のうまいもん/小代の夏鹿

「この時季に鹿肉を食すことが農家への一助となる」     但馬の山あいに"小代(おじろ)"と名づけられた地域があります。正式名称は、兵庫県香美町小代で、先の市町村合併の際に香住町と村岡町が合併し、香美町となりました。その際に、小さい田んぼを意味する小代なる地名を復活させたようです。この小代という場所は、日本で最も美しい村と称しており、殊に「うへ山」の棚田は日本の棚田百選に...

9月17日(月)【敬老の日】甘酒を1杯プレゼント

9月17日(月)【敬老の日】甘酒を1杯プレゼント

9月17日(月)は敬老の日です。   「お年寄りを大切にし、昔から伝わる知恵を借りて村づくりをしよう」と提唱したのが敬老の日(としよりの日)のはじまりと言われています。   さかばやしでは、そんな敬老の日を祝して、シニアの方とお越しいただいたご家族の皆様に甘酒を1杯プレゼントさせていただきます。   「酒粕の甘酒」は飲む点滴と言われ、体に優しいお飲...

9月9日(日)重陽の節句には菊花酒をお楽しみください

9月9日(日)重陽の節句には菊花酒をお楽しみください

九月九日は重陽の節句(ちょうようのせっく)です。 古来より重陽の節句には菊の花びらを浮かべたお酒を楽しむ風習があり、 菊の花の芳しい香りが邪気を払い、寿命を延ばすとされてきました。 その風習にならい、さかばやしでは9/9(日)にご来店いただきましたお客様には、 菊花酒をグラスにて一杯ご提供させていただきます。 ※写真はイメージです。...

お盆期間中のお席の状況について 8月14日12時現在

お盆期間中のお席の状況について 8月14日12時現在

お盆期間中のさかばやしのお席の状況は以下の状況となっております。   8月14日の12時時点での状況です。   8月14日(火)昼 × 8月14日(火)夜 ×   8月15日(水)昼 △ 8月15日(水)夜 〇   8月16日(木)昼 〇 8月16日(木)夜 〇   〇 お席に余裕がございます。 △ 空席が残りわずか...

(2018.10.11) 丹波 婦木農場の秋野菜と秋晴れの酒を楽しむ会

(2018.10.11) 丹波 婦木農場の秋野菜と秋晴れの酒を楽しむ会

丹波市春日町にある「婦木農場」では、牛を飼育しながら野菜やお米を育てるという昔ながらの農業を営んでおられます。 農場主である婦木克則さんの野菜作りにかける熱い想いと有機野菜の自然な美味しさが評判となり、今ではテレビや雑誌でも紹介されるほどに。 今回の旬の会では、丹波ののどかな自然に育まれた黒大豆や栗をはじめ採れたての秋野菜をご堪能いただきます。 また、この時期のお酒は “秋晴れ”すると言われ...

8月のうまいもん/淡路島の鱧

8月のうまいもん/淡路島の鱧

「今年の鱧は珍しい鱧のすき焼きで」   夏の食材の代表のように思われている鱧ですが、その人気は東西でずいぶんと違うようです。西日本、殊に関西では鱧が大人気。「冬場のフグ、夏のハモ」と言われるぐらいです。「さかばやし」でも鱧をテーマにした「旬を堪能する会」を企画すると、すぐに満席になるほど。では、これほど関西の食通を唸らせる鱧がなぜ東京ではそんなに食されてないのかといえば、...

夏限定 甘酒ドリンク「甘酒スカッシュ」

夏限定 甘酒ドリンク「甘酒スカッシュ」

夏限定 新しい甘酒ドリンクのご案内です。 甘酒スカッシュ 620円(税込) 福寿の酒粕でお作りしたさかばやし自家製の甘酒。 太陽の恵みをたっぷり浴びた淡路島産レモンの100%果汁が甘酒の甘さをほどよく調和。 炭酸を加えて、夏らしくすっきりした味わいをお楽しみいただける甘酒ドリンクです。 ※手作りのため品切れの際はご容赦ください。...

夏限定SAKEカクテル 吟醸ローザのサングリア

夏限定SAKEカクテル 吟醸ローザのサングリア

吟醸ローザに桃やパイナップルなどのフレッシュフルーツをふんだんに漬け込んだSAKEカクテルです。 フルーツの自然な甘味と吟醸酒の華やかな香りの調和をお楽しみください。   期間限定 8月1日~10日 880円(税込)   ※手作りのため数量に限りがございます。品切れの際はご容赦ください...

”飲む点滴” 甘酒はいかがでしょうか?

”飲む点滴” 甘酒はいかがでしょうか?

甘酒といえば、冬場に飲むものと誤解されがちですが、実は夏の飲み物です。 俳句の世界では、甘酒は夏の季語として使われています。 甘酒には、ビタミンB₁、B₂、B₆、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、それに大量のブドウ糖が含まれています。 そのため“飲む点滴”と呼ばれたりします。   甘酒は酒粕仕立てと米麹仕立ての二種をさかばやしではお楽しみいただけます。 いずれも自家製の甘酒で...

  • TOP