| Other Languages |

さかばやし

母の日、ご家族のお母様にお花をプレゼント

母の日、ご家族のお母様にお花をプレゼント

蔵の料亭 さかばやしでは、5月13日(日)にご予約をいただいたご家族のお母様へ、 ささやかなお花のプレゼントをご用意しております。 母の日にお母様とのお食事を考えられているお客様は一度さかばやしへお問い合わせください。 お待ち申し上げております。 お花は数に限りがございますため、プレゼントはご予約をいただいたお客様の先着順になります。 何卒ご了承ください。 ...

5月3日(木)~5日(土)、菖蒲酒を1杯サービス

5月3日(木)~5日(土)、菖蒲酒を1杯サービス

5月5日は端午の節句で別名菖蒲の節句とも言います。 古来より菖蒲の節句に菖蒲酒を飲み、邪気を祓われるとされてきました。 また、菖蒲には食欲増進や疲労回復などの薬効もあるとされています。 そこで、5月3日(木)~5日(土)の期間中、さかばやしへご来店いただいた方に、菖蒲の振る舞い酒を一杯サービスさせていただきます。 また、5月5日は入口の屋根に菖蒲をつるし、菖蒲の香りで邪気を祓う風習...

4月のうまいもん/三田牛

4月のうまいもん/三田牛

「廻」なるブランドが誕生して話題沸騰  兵庫県は古くから牛肉の名産地として知られています。神戸ビーフは、今や世界的にも名を馳せており、その素牛となる但馬牛も今や全国の有名牛肉の根源となっているほど。一言で神戸牛と表現していますが、神戸市内で飼育されておらず、県内産但馬牛のある一定レベルを満たしているものをそう呼んでいるにすぎません。そのため三田牛や淡路牛も品質基準がA4ランクの№6以上で神戸...

【4月】季節のおすすめ限定酒

【4月】季節のおすすめ限定酒

蔵直採り 大吟醸生酒 うすにごり 精米歩合50%大吟醸の特別限定酒 上品な口当たりと華やかな香りが特徴の大吟醸酒。 うっすらと白く濁っているのは、大吟醸酒がお米の旨みをほどよく含んだ証し。 果実を思わせる深みのある味わいとあふれんばかりの香りは“うすにごり”ならではの醍醐味です。 720ml 7,980円(税込) 90ml 1,080円(税込) 60ml  750円(税込...

【4月】夜の一品料理

【4月】夜の一品料理

旬の会を受付中! 2018-4-26-三田牛" 廻(かい)"のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会 【平日夜限定料理】 ■そば御膳  2,690円 前菜 自家製豆富とおばんざい三種 造り 旬魚の造りとさしみ湯葉 蒸物 季節の蒸し物 焼物 本日の焼き物 食事 自家製せいろ蕎麦 甘味 季節の甘味 ※平日夜の限定料理です   【夜の一品料理】酒粕料理...

【4月】夜の会席料理

【4月】夜の会席料理

旬の会を受付中! 2018-4-26-三田牛" 廻(かい)"のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会 ■酒心館会席   7,570円 食前酒  大吟醸 先付   春野菜と桜海老のおひたし 小松菜 スナップエンドウ 前菜   旬菜の盛り合わせ 吸物   蛤の潮仕立て よもぎ麩 絹さや 花柚子 造り   旬魚の三種盛り 主菜   黒毛和牛と三田産アスパラガスのすきしゃぶ仕立て   ...

【4月】昼の会席料理

【4月】昼の会席料理

旬の会を受付中! 2018-4-26-三田牛" 廻(かい)"のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会   ■酒心館会席   7,570円 食前酒  大吟醸 先付   春野菜と桜海老のおひたし       小松菜 スナップエンドウ 前菜   旬菜の盛り合わせ 吸物   蛤の潮仕立て   &e...

【4月】昼のお料理

【4月】昼のお料理

旬の会を受付中! 2018-4-26-三田牛" 廻(かい)"のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会   ~平日十食限定~ ■水明膳    2,920円 先付   自家製すくい豆富 藻塩とともに 一の重  季節野菜の炊き合わせ 二の重  旬魚の焼き物、旬菜の盛り合わせ 三の重  酒肴、小鉢、旬魚の造り、蒸し物 食事   白御飯、お汁物、香の物 甘味   季節の甘...

(2018.4.26) 三田牛”廻(かい)”のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会

(2018.4.26) 三田牛”廻(かい)”のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会

 阪神間の北部に位置する兵庫県三田市。この地は世界の美食家を虜にする神戸牛の産地の一つにあたり、ここで育てられた牛は三田牛と呼ばれます。 三田牛は神戸牛と同様に但馬牛の仔牛を育てたもので、幕末に神戸港が開港し外国人居留地に住む人々に絶賛された肉は三田牛であったとも言われています。肉質は、赤く濃い色でありながらきめ細やかな肉質で柔らかく、霜降りであってもあっさりと食すことができ、殊に脂に特徴があり...

3月のうまいもん/山菜

3月のうまいもん/山菜

山菜 現代人は春の息吹を料理屋で感じる    俗に春は苦みを盛るといいます。これは春が旬といわれる山菜のほとんどが苦みを特徴としているため。しかも野菜がまだこの季節には育っておらず、やむを得ず旬を山菜に求めたことも起因しているのでしょう。人間といっしょにたとえるのもおかしいのですが、冬眠したクマが最初に口にするのは、ふきのとうだといわれています。冬眠中、体内に溜まってい...

  • TOP