神戸酒心館

新着情報

【第138回酒蔵文化道場】手漉和紙「名塩紙」(2024.7.6)

神戸酒心館酒蔵文化道場

≪酒蔵文化道場とは?≫

第138回
酒蔵文化道場

≪題目≫
手漉和紙「名塩紙」
~誕生とあゆみ~

≪語り手≫
郷土史家
鈴木 元昭 氏

≪内容≫
 六甲山系の東北端の山門の有馬郡名塩村に名塩紙は誕生しました。
「雁皮」を主原料とする特異な紙、手漉和紙雁皮紙で室町時代末期から江戸時代初期に抄き始まったと言われます。江戸前期のはげしく進展する時勢の中、村の生業として高品質の「ふすま(襖)紙」「藩札の地紙」などを主力商品に生産し、元禄時代には「名塩千軒」といわれる程に盛況を迎え「各塩雁皮紙」の名は全国に伝播しました。 その様子を紹介いたします。

≪開催について≫
◆2024年7月6日(土) 16:00〜
◆料金:参加費2,000円
◆講演の後、講師を囲んでの懇親会がございます。(要予約・別途5,000円)
※懇親会のお申込みの場合は、当日キャンセルはいたしかねます。
※席に余裕がある限り、当日でも懇親会に6,000円でご参加いただけます。(お料理内容は予約の方と異なる場合があります)
※懇親会は18時頃~20時頃までの予定です。

≪お問い合わせ・お申し込み≫
◆神戸酒心館 事業部 078-841-1121(受付時間/ 10:00-17:00)
専用フォーム(No.138)よりお申し込みいただけます