新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 新着情報

「環境の日(6.5)」と量り売り

SDGsへの取り組み酒心館ニュース

VideoCapture_20230605-094521 

VideoCapture_20230605-094004

 毎年、6月5日は「環境の日」です。
 これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境の日」として知られています。
 さて、神戸酒心館では、20年以上前から資源の有効活用を図るため、蔵元ショップ「東明蔵」では「量り売り」というスタイルでお酒の提供を続けています。これは、300ml、720mlなどの瓶をお客様にご購入いただき、「福寿蔵」からの蔵出しの生酒をタンクから汲んでフレッシュな状態で詰めてお渡しする方法です。ご自宅でお酒を楽しまれた後は、瓶を持ってきていただき、その瓶にまたお酒を詰めてお渡しします。2回目からは新しい瓶を使用する必要がなく、これにより瓶の再利用による瓶資源の有効活用を行ってまいりました。
 この「量り売り」による取り組みで、最近の10年間で約3万本の瓶が節約され、瓶の有効活用を行いました。昨年からは、瓶による量り売りだけでなく、「REVOMAX」という保冷力のある容器での量り売りも始め、新しい量り売りのスタイルも提供しております。
 地球環境は様々な課題がある中で、資源を有効活用する一つのアプローチとして、福寿の「量り売り」のお酒(蔵直採り生酒)が皆様の「環境の日」に寄り添うことができれば幸いです。

IMG_20210504_154249

20220919_221436

IMG_3383

関連記事

TOPへ