| Other Languages |

福寿

(2015.3.7)【第88回 酒蔵文化道場】賀茂競馬と葵祭 〜千年を超える祭りの奥深さ〜

題目:賀茂競馬と葵祭 〜千年を超える祭りの奥深さ〜 講師: 一般財団法人 賀茂県主同族会理事     賀茂競馬実行委員長     堀川 潤 氏 京都には3大祭りと呼ばれるものがあるが、その成立は大きく異なる。葵祭は神社と朝廷の祭り(元は国の祭り:平安時代)、祇園祭は町衆の祭り(室町時代)、時代祭は自治体が創出した祭り(明治時代)である。今回は葵祭、賀茂競馬を中心に祭りの裏話も盛り込んで、奥深さを...

(2015.1.31)【第87回 酒蔵文化道場】農業は成長産業!? 農業の現場から考える

題目:農業は成長産業!? 農業の現場から考える 講師:婦木 克則氏 丹波 婦木農場十代目 兵庫県農業経営士 農林水産省政策評価第三者委員 農村の高齢化、農産物価格の低迷、担い手不足、自然災害など農業、農村を取り巻く環境は悪くなる一方。その中で政府は農業を成長産業と位置付け、六次産業化、輸出などにより農家の所得を倍増させると言う。 農村では今、都会から移り住む若者が急増。従来なかった動きが起こりつつ...

(2014.11.29)【第86回 酒蔵文化道場】生田の杜とミナト神戸の事始め

題目:生田の杜(もり)とミナト神戸の事始め 講師:加藤 隆久氏 生田神社元宮司 文学博士 神戸女子大学名誉教授 生田神社の歴史と酒に因んだ話をはじめ、外来文化を積極的に取り入れ、それを同化して新しいものを造り替えるという手法で発展してきた神戸。 その外来文化への対応がどうであったか、文明開化の時代に神戸のひとびとが如何にして五感を働かせ外国人を見つめ、食物と健康に留意して来たか。 明治の頃の神戸、...

名古屋 福寿を楽しむ会を開催しました

名古屋 福寿を楽しむ会を開催しました

10月22日に名古屋の「美々卯 セントラルタワー店」で福寿を楽しむ会を開催いたしました。 今回で11回目を迎えますが、1回目からご参加いただいているお客様をはじめ、三重など 他府県からわざわざご参加いただきましたお客様とともに和やかな会となりました。 ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。 次回お目にかかれますことを楽しみにしております。 「ひやおろし」や「秋晴れ」など秋酒を中心に...

(2014.9.20【第85回 酒蔵文化道場】 樽、この不思議な容器(いれもの)

題目: 樽、この不思議な容器(いれもの) 講師 : たるや竹十 八代目 西北 八島氏  江戸時代、清酒を運ぶ「容器」として生まれた酒樽について、その背景や歴史をたどります。かつて日本では産湯の盥からはじまり、食事の時は、お櫃、入浴の際は風呂桶、そして最後には棺桶と、日常生活と密接な関係にありました。 樽の材料である吉野杉と真竹について、また樽と桶の違い等も解説してゆきます。 【日時】 平成26年9...

福寿を楽しむ会「神戸」を開催(終了いたしました)

福寿を楽しむ会「神戸」を開催(終了いたしました)

たいへんお待たせいたしました。 福寿を堪能いただける恒例の「福寿を楽しむ会 神戸」を開催いたします。 福寿蔵でひと夏じっくり寝かせて熟成させた「秋晴れ」、一般発売前の新酒も特別にご用意し、福寿の幅広い味わいをお楽しみいただけます。 兵庫の秋の味覚を酒肴に様々な表情の福寿の味わいをご用意してお待ちしております。 ぜひ皆様お誘い合わせの上ご参加くださいますようお願い申しあげます。 日時:2014年10...

第15回 福寿を楽しむ会(東京)を開催いたします<満席となりました>

第15回 福寿を楽しむ会(東京)を開催いたします<満席となりました>

この度、東京におきまして「第15回 東京福寿を楽しむ会」を開催する運びとなりました。 15回目を迎える今回は、ひと夏を涼しい蔵で過ごし、じっくりと熟成させた「ひやおろし 純米」 や「秋晴れ 生もと純米」を中心に秋ならではの旬菜料理とともにお楽しみいただきます。 定番となりました純米吟醸をはじめ、個性あふれるラインナップで皆様のご参加を 心よりお待ちしております。 【第15回 東京福寿を楽しむ会】...

第11回 福寿を楽しむ会(名古屋)を開催いたします

第11回 福寿を楽しむ会(名古屋)を開催いたします

この度、「第11回 福寿を楽しむ会(名古屋)」を開催させていただくこととなりました。 今回は、ひと夏を涼しい蔵の中で過ごした「ひやおろし 純米」や、灘酒特有のキレのある辛口「秋晴れ 生もと純米」など、 ほどよく熟成したお酒をご用意いたします。 美々卯様の秋の味覚が散りばめられたお料理とともに「秋晴れ」した灘酒を存分にお楽しみください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 < 第11回 福寿を...

(2014.7.5)【第84回 酒蔵文化道場】 世界一繊細な音色の打楽器

題目: 世界一繊細な音色の打楽器 小鼓(こつづみ) 講師 : 久田 舜一郎氏             能楽大倉流小鼓方(重要無形文化財総合指定保持者)  うそかまことか、春に皆に親しまれる“たんぽぽ”の花は形が小鼓に似るところから、小鼓の音色 タ、ポポ、タ、ポポ に因んで名付けられたとも言われます。 能楽700年の歴史と共に発達完成した小鼓。能ばかりでなく歌舞伎や日舞、各地の芸能にも取り入れられ広...

第10回 福寿を楽しむ会(名古屋)を開催します<満席となりました>

第10回 福寿を楽しむ会(名古屋)を開催します<満席となりました>

この度、名古屋にて「第10回 福寿を楽しむ会」を開催させていただくこととなりました。 お陰様で10回目を迎えさせていただく今回は、定番となりました純米吟醸とともに新商品「山田錦生酒 夏辛80」 をご用意させていただきます。 山田錦の旨みをしっかりと残しつつも、夏酒らしくすっきりとしたのど越しに仕上げた味わいをお楽しください。また、福寿の「夏酒」といえば凍結酒!シャリシャリっとした冷たい口あたりが夏...

  • TOP