新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 新着情報

作家メッセージ_山口啓子_日本の手仕事展2022

日本の手仕事展2022酒心館ニュース

2022年10月6日(木)から10月11日(火)まで開催される「日本の手仕事展2022」。

出展する作家の皆さんは13名です。
作家から皆さんへ、メッセージを週替わりでお届けします。

 

山口

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が交錯し、醸し出される独特の雰囲気、色合いが織物の魅力です。世界中で生まれた「織」の発展は、人々の衣食住に重要な役割を果たしてきました。今では一般的な織物は機械生産され、織り方も素材も多種多様で生活に浸透しています。

しかしながら、私は糸を手染めし、機(はた)で手織りします。時代錯誤かもしれませんが、織れば織るほど次々とテーマが出てきて織り続けています。

日常的に心地よく使用できるオリジナルデザインの織作品を制作しており、
麻糸やペーパーヤーンで、コースター、ランチョンマット、テーブルセンター、のれんを。
シルクでストール、ベストを。
リネンでストールを。
コットンでフェイスストールを。
さらにバッグやアクセサリーなど、あらゆるシチュエーションで楽しんでいただける織物は、私がひとつひとつに心を込めた作品です。
会場で手に取りご覧いただければとても嬉しいです。

 

染織作家
山口啓子
Hiroko Yamaguchi

関連記事

TOPへ