新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 新着情報

作家メッセージ_内山政義_日本の手仕事展2022

日本の手仕事展2022酒心館ニュース

2022年10月6日(木)から10月11日(火)まで開催される「日本の手仕事展2022」。

出展する作家の皆さんは13名です。
作家から皆さんへ、メッセージを週替わりでお届けします。

内山

 

私の工房は、山の麓にあります。毎日の散歩が日課になっています。その折々に、野草の花に出会います。そんな時、花の方から「今、私が一番美しい時だから、スッケチをして」と、呼びかけてきます。すぐにスケッチブックを持ってきて、その花をスケッチします。スケッチの途中から、だんだん文様としての形が見えてきます。それを充分に考案して文様にしていきます。しかし、自分の文様になるには時間がかかります。実際に器に絵付けをしても、最初の100個位では、器にあった文様になりません。500個位を描く頃になると、ようやく文様らしくなり、1000個位描くと、やっと自分の文様らしくなります。それでも、描くたびに新しい発見があり、変化してゆきます。同じ文様を描き続けることで、真の自分の文様ができてきます。

文様を描く器の形も、充分に考えて制作しても、実際に使用してみなければ、使いやすさは分かりません。使用して、その器の形や大きさはもちろん、少しの器の曲線で器の使いやすさ、印象が変わります。毎日、実際に作った器を使用してみて、本当に使いやすい器は、どのような形のものかを、研究しています。

 

陶芸作家
内山政義
Masayoshi Uchiyama

関連記事

TOPへ