新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 新着情報

中村信彦(Nobuhiko Nakamura)<日本の手仕事展2023>

イベントホール日本の手仕事展

日本の手仕事展2023 ~持続可能なものづくり~

中村信彦

image_50419457

陶芸作家 Ceramist
中村信彦 Nobuhiko Nakamura

【作家メッセージ】
大阪府茨木市でやきものづくりをしています。
作っている作品は大きく分けて3つです。
1つ目は、地元の土で作る新しいやきものです。
茨木市の豊川で採れる粘土は、広く千里丘陵に堆積した大阪層群の粘土層です。
焼き上がりの特徴は鉄分を多く含み茶褐色をした独特の趣がある素朴なやきものになります。
ぜひ手に取ってみてください。思ったより軽いことに驚かれると思います。
2つ目は、釉薬をかけた作品です。
地元茨木市にゆかりのある古田織部の織部釉や透明感のある釉薬、また呉須の泡模様で仕上げた作品など、生活の器を中心に制作しています。
3つ目は、昔ながらの薪で炊く登り窯の作品です。
昼夜を問わず5日間赤松の薪で炊き続けます。
窯を炊く赤松の薪が窯の中で燃えながら灰が作品の表面につき、焚口から煙突へ窯の中を走る炎が、作品の表面に当たり土と灰と炎が融合して薪窯作品でしか表現できない独特のやきものになります。
どうぞご覧ください。

【Message from the artist】
I make pottery in Ibaraki City, Osaka Prefecture.
There are three main types of works that I create.
The first is new pottery made from local clay.
The clay from Toyokawa district in Ibaraki City is a clay layer of the Osaka Formation, which is widely deposited in the Senri Hills. The finished pottery is characterized by its high iron content and unique rustic, dark brown color. Please feel it with your hands. You will be surprised at how light it is.
The second is a glazed piece.
I produce mainly everyday wares, such as Oribe glazed wares by Furuta Oribe, who is associated with my hometown of Ibaraki City, transparent glazed wares, and wares finished with a bubbled pattern of gosu (a type of mineral pigment).
The third is his climbing kiln work, which is cooked in a traditional wood-fired kiln.
The kiln cooks day and night for five days with red pine wood. As the red pine wood burns in the kiln, the ashes stick to the surface of the work, and the flames running through the kiln from the fire opening to the chimney hit the surface of the work, fusing the clay, ashes, and flames to create a unique pottery that can only be expressed by wood-fired kiln works.
Please take a look.

【経歴・受賞歴・出展歴など】
1955年 京都市生まれ
大阪府茨木市在住

学歴
京都造形芸術大学芸術学部美術科卒業

所属
一般社団法人大阪工芸協会理事
関西工芸文化協会会員
大阪府美術家協会会員
茨木美術協会理事
摂津市美術協会会員

現在
陶芸体験教室アトリエ信代表
茨木さいのもと焼・久信窯主宰
アールブリュット北摂代表
一般社団法人日本陶芸療法士協会認定陶芸療法士

個展
2011年 京阪百貨店守口店にて個展
2013年 近鉄百貨店あべのハルカスにて個展
2015年 京阪百貨店守口店にて個展
2018年 近鉄百貨店上本町店にて個展
2021年 京阪百貨店守口店美術画廊にて個展
その他グループ展等多数

関連記事

TOPへ