新着情報

News

  • TOP
  • >
  • 新着情報

大沢リバプロジェクトがスタートしました。

SDGsへの取り組み酒心館ニュース

1653534161781

20220522_103228s

LINE_ALBUM_2022_2.0513オリエンテーション_220522

神戸市北区の大沢(おおぞう)地区は、当社の酒造りにとっては欠かせない地域です。
この地区の農家と村米制度(むらまいせいど)による特別な契約を交わしており、丹念に栽培された山田錦などの米を用いて酒造りを行っているからです。

持続可能な酒造りを行うためには、酒米の”安定的な供給”が欠かせません。
”安定的な供給”は地域が活性化されることで持続します。

当社では、SDGsの取り組みとして、大沢地区の事業を通じた地域活性化の取り組みを行うプロジェクトを実施します。

その名は「大沢リバプロジェクト」です。
(リバ→リバタライゼーション=revitalization=活性化)

大沢リバプロジェクトの事業として、まずは「棚田復活プロジェクト」を実施します。

現在、大沢地区では、高齢化により耕作放棄された棚田が増えており、竹林となっているのが現状です。
その竹林を伐採し、棚田を復活させ、お米を作り、そのお米で日本酒を作るのが「棚田復活プロジェクト」。

大沢の地域活性化ならびに棚田復活に向けての活動で「国際NPO法人ピース&ネイチャー」と「神戸芸術工科大学」と産学連携を行い、取り組みます。

現場での体験をもとにして、大学での授業として、学生たちが大沢の未来を考えます。

これからの大沢リバプロジェクトの進展にご期待ください。

関連記事

TOPへ