| Other Languages |

「自然の中にある都市、神戸」

フランス人ブロガー、ルーシー氏による神戸見聞録に神戸酒心館が取り上げられました。

1751年から同じ家族による経営で日本酒醸造を続けている蔵であること。
ノーベル賞の公式行事で用いられていること。蔵を見学し、地元の米と水を用い醸造されたお酒をきき酒したところそれぞれが個性的で、想像していた強い味ではなく、とても好みの味わいであったことなどを記していただきました。

きき酒の後は、さかばやしでの蕎麦と福寿のお酒も楽しんでいただけたようです。visiter-kobe-voyage-japon-nature-44

  • TOP