| Other Languages |

旬の会

(2018.9.6) おじろの夏鹿と“ひやおろし”を楽しむ会

(2018.9.6) おじろの夏鹿と“ひやおろし”を楽しむ会

鹿肉は秋から冬の味覚として親しまれますが、鹿は8月に脂をたくわえる習性があり、夏に獲れる鹿肉が最も美味と言われます。 兵庫県香美町小代地区の「小代鹿(おじろじか)」のブランドで知られる鹿肉は有名で、夏に罠猟で獲った鹿肉を冷凍し、肉の旨みを引き出すためにひと月ほどじっくりと熟成させています。熟成させることで旨みに深みが増し、それでいて驚くほど上品で臭みがなくシンプルな味わいです。 今回の旬の会で...

(2018.7.26) 由良の鱧と夏酒を楽しむ会

(2018.7.26) 由良の鱧と夏酒を楽しむ会

淡路島の中央南東部に位置する由良は、年間を通して温暖な気候に恵まれ、その穏やかな気候で育つ淡路島の鱧はつとに有名。 特に由良近海の鱧は、日本一と言われるほどです。 「梅雨の水を飲んで育つ」とされる夏の鱧は、身も太り、脂がのるためにひときわ美味しさが増し、関西では夏の風物詩として親しまれています。 今回は、鱧の本場淡路島の由良漁港より直送された旬の逸品を鱧しゃぶなどに仕立てて鱧づくしのお料理を...

(2018.6.28) 明石蛸と夏越しの酒を楽しむ会

(2018.6.28) 明石蛸と夏越しの酒を楽しむ会

夏至から数えて11日目の7月2日頃を半夏生と呼び、関西ではこの日に蛸を食べる風習があります。 日本で一番有名な蛸と言えば明石蛸。その明石蛸の旬は6~7月で、歯ごたえの良さと旨みが特徴です。 今回の旬の会では、蛸の最も美味しい時期に明石浦漁協から新鮮な良質の蛸を仕入れ、明石蛸のしゃぶしゃぶやお造りなど素材本来の味わいを生かした蛸料理の数々をご提供いたします。 夏越しの大祓にちなんだ暦酒「夏越し...

(2018.4.26) 三田牛”廻(かい)”のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会

(2018.4.26) 三田牛”廻(かい)”のすきしゃぶと生酛純米酒を楽しむ会

 阪神間の北部に位置する兵庫県三田市。この地は世界の美食家を虜にする神戸牛の産地の一つにあたり、ここで育てられた牛は三田牛と呼ばれます。 三田牛は神戸牛と同様に但馬牛の仔牛を育てたもので、幕末に神戸港が開港し外国人居留地に住む人々に絶賛された肉は三田牛であったとも言われています。肉質は、赤く濃い色でありながらきめ細やかな肉質で柔らかく、霜降りであってもあっさりと食すことができ、殊に脂に特徴があり...

(2018.2.22) 香住の紅ずわい蟹とにごり酒を楽しむ会

(2018.2.22) 香住の紅ずわい蟹とにごり酒を楽しむ会

豊かな自然と海の幸あふれる日本海沿岸屈指の漁港、兵庫県但馬の「香住」。 香住の香住漁港から水揚げされる紅ずわい蟹は、寒い地方で獲れる蟹より脂分が少ないため、身は柔らかく、繊細でやさしい甘みが充分に感じられるのが最大の魅力。 瑞々しい身の甘さと、濃厚な蟹味噌の味わいは絶品です。 香住の代表的な冬の味覚「香住ガニ」を、蟹すきや蟹刺しなどで素材の味わいをお楽しみいただくととともに、素朴で濃厚な旨み...

(2018.1.24)旬の会のお知らせ

(2018.1.24)旬の会のお知らせ

さかばやしよりお知らせです。 1月24日(水)に開催される旬の会「明石浦と淡路由良の天然旬魚を新酒と堪能する会」 本日、申込のキャンセルがありました。 1月14日で受付を終了しておりましたが、限定1組の申し込みが可能となっております。 淡路由良からは、天然平目のお造りと車海老にも負けない食感と風味豊かな甘みを持つ足赤海老をご用意します。 明石からは、冬に最も美味しくいただけるイイ...

(2018.1.24) 明石浦と淡路由良の天然旬魚を新酒と堪能する会

(2018.1.24) 明石浦と淡路由良の天然旬魚を新酒と堪能する会

「日本一の漁場」のひとつ明石浦と淡路島の由良。 明石浦は豊富なエサと明石海峡の潮流によって形成される日本有数の豊かな漁場です。また、由良は年間を通して温暖な気候に恵まれ、古くより天然の良港として知られています。 今回はこの2つの港よりプロの厳しい目利きによって選ばれた旬の天然魚を、より素材の味わいを大切にしたお料理に仕立ててお楽しみいただきます。 高級魚の代表格であるヒラメは造りで上品な甘味...

(2017.12.7) 淡路三年ふぐとしぼりたてを楽しむ会

(2017.12.7) 淡路三年ふぐとしぼりたてを楽しむ会

冬の代表的な海の幸「ふぐ」。 淡路には、世界三大潮流のひとつである鳴門海峡で育てられた「淡路三年ふぐ」という最高級のふぐがあります。 鳴門海峡の流れの速い海にもまれながら三年という長い月日を経てゆっくりと育つため、身が引き締まった絶品の誉れ高いふぐのひとつです。 身は味わうほどに上品な甘みと、旨みが口中にひろがり、対照的に白子は濃厚で深みのある味わいが楽しめます。 今回の旬の会では、絶品の...

(2017.10.19) 天然きのこと秋晴れの酒できのこづくしの料理を味わう会

(2017.10.19) 天然きのこと秋晴れの酒できのこづくしの料理を味わう会

秋が旬の食材と言えば「松茸」が有名ですが、「松茸」以外のきのこも旬を迎えます。 秋は、きのこの一番美味しい季節です。 しかしながら、天然物のきのこは、気候に大きく左右されるため、入手するのは容易ではありません。 きのこであっても天然物は高級食材なのです。 今回の旬の会は、そんな天然物と彩り豊かなきのこできのこづくしのお料理をご用意いたします。 秋晴れの空をおもわせる、すっきりとし...

(2017.9.28) おじろ鹿の熟成肉と”ひやおろし”を楽しむ会

(2017.9.28) おじろ鹿の熟成肉と”ひやおろし”を楽しむ会

 秋から冬の味覚として楽しまれる鹿肉。  「小代鹿(おじろじか)」のブランドで知られる兵庫県香美町の鹿肉は、肉の旨みを引き出すためにひと月ほどじっくりと熟成させたもの。 時間をかけてゆっくり熟成させることで旨みに深みが増し、それでいて驚くほど上品で臭みがなくシンプルな味わいです。  滋味豊かな鹿肉とこの時期にしか味わうことのできない、半年熟成の限定酒「ひやおろし」とともにご堪能ください...

  • TOP