| Other Languages |

旬の会

(2017.12.7) 淡路三年ふぐとしぼりたてを楽しむ会

(2017.12.7) 淡路三年ふぐとしぼりたてを楽しむ会

冬の代表的な海の幸「ふぐ」。 淡路には、世界三大潮流のひとつである鳴門海峡で育てられた「淡路三年ふぐ」という最高級のふぐがあります。 鳴門海峡の流れの速い海にもまれながら三年という長い月日を経てゆっくりと育つため、身が引き締まった絶品の誉れ高いふぐのひとつです。 身は味わうほどに上品な甘みと、旨みが口中にひろがり、対照的に白子は濃厚で深みのある味わいが楽しめます。 今回の旬の会では、絶品の...

(2017.10.19) 天然きのこと秋晴れの酒できのこづくしの料理を味わう会

(2017.10.19) 天然きのこと秋晴れの酒できのこづくしの料理を味わう会

秋が旬の食材と言えば「松茸」が有名ですが、「松茸」以外のきのこも旬を迎えます。 秋は、きのこの一番美味しい季節です。 しかしながら、天然物のきのこは、気候に大きく左右されるため、入手するのは容易ではありません。 きのこであっても天然物は高級食材なのです。 今回の旬の会は、そんな天然物と彩り豊かなきのこできのこづくしのお料理をご用意いたします。 秋晴れの空をおもわせる、すっきりとし...

(2017.9.28) おじろ鹿の熟成肉と”ひやおろし”を楽しむ会

(2017.9.28) おじろ鹿の熟成肉と”ひやおろし”を楽しむ会

 秋から冬の味覚として楽しまれる鹿肉。  「小代鹿(おじろじか)」のブランドで知られる兵庫県香美町の鹿肉は、肉の旨みを引き出すためにひと月ほどじっくりと熟成させたもの。 時間をかけてゆっくり熟成させることで旨みに深みが増し、それでいて驚くほど上品で臭みがなくシンプルな味わいです。  滋味豊かな鹿肉とこの時期にしか味わうことのできない、半年熟成の限定酒「ひやおろし」とともにご堪能ください...

(2017.8.3)淡路島 由良の鱧と夏酒を楽しむ会

(2017.8.3)淡路島 由良の鱧と夏酒を楽しむ会

2017.8.3 / CATEGORY : さかばやし  淡路島の中央南東部に位置する由良は、年間を通して温暖な気候に恵まれ、その穏やかな気候で育つ淡路島の鱧はつとに有名。  特に由良近海の鱧は、日本一といわれるほどです。 「梅雨の水を飲んで育つ」と言われる夏の鱧は身も太り、脂がのるためにひときわ美味しさが増し、関西では夏の風物詩とされています。  鱧の本場淡路島の由良漁港より直送され...

(2017.6.29)半夏生を前にして 明石蛸を夏越しの酒で楽しむ会

(2017.6.29)半夏生を前にして 明石蛸を夏越しの酒で楽しむ会

2017.6.29 / CATEGORY : さかばやし 夏至から数えて11日目の7月2日頃を半夏生と呼び、関西ではこの日に蛸を食べる風習があります。 日本で一番有名な蛸のブランドと言えば明石蛸です。明石蛸の旬は6~7月で、歯ごたえの良さと旨みが特徴です。 今回の旬の会では、蛸の最も美味しい時期に明石浦漁協から新鮮な良質の蛸を仕入れ、素材本来の味わいを生かした蛸のお料理の数々をご提供いた...

(2017.5.25) 丹波 婦木農場 初夏のとれたて野菜と生酒を味わう会 【申し込みを終了させていただきました】

(2017.5.25) 丹波 婦木農場 初夏のとれたて野菜と生酒を味わう会 【申し込みを終了させていただきました】

丹波市春日町にある「婦木農場」では、牛を飼育しながら野菜やお米を育てるという昔ながらの農業を営んでおられます。 農場主である婦木克則さんの野菜作りにかける熱い想いと有機野菜の自然な美味しさが評判となり、今ではテレビや雑誌でも紹介されるほどに。 丹波ののどかな自然に育まれた婦木農場の初夏の野菜と生酒をご堪能ください。 婦木さんの野菜にまつわるお話もお楽しみに! _______________...

(2017.1.26)天然クエとしぼりたてを楽しむ会<満席となりました>

(2017.1.26)天然クエとしぼりたてを楽しむ会<満席となりました>

代表的な冬の味覚のひとつであるクエ。 高級魚としても知られ、その味は脂がのっているにもかかわらず淡泊で、しつこくないことが特徴です。 上品な味わいながらも食べごたえがあり、クエ鍋などは寒い季節の味覚の代表格。 鍋はもちろんクエをまるごとお楽しみいただけるお料理をご用意し、この季節ならではのしぼりたての生酒とともにお楽しみください。 _________________________...

(2016.12.8)淡路三年ふぐとしぼりたてを楽しむ会<満席となりました>

(2016.12.8)淡路三年ふぐとしぼりたてを楽しむ会<満席となりました>

世界三大潮流のひとつである鳴門海峡で育てられた淡路の「三年ふぐ」。 流れの速い海にもまれながら三年という長い月日を経てゆっくりと育つ ため、身が引き締まった絶品の誉れ高いふぐのひとつです。 身は味わうほどに上品な甘みと、旨みが口中にひろがります。 対照的に白子は濃厚な深みのある味わい。 ふぐ本来の味わいを大切に上品な味わいに仕上げられたお料理と しぼりたての新酒をお楽しみいただ...

旬の会「天然なめこと彩りきのこを秋晴れの酒で楽しむ会」 H28.11.10

旬の会「天然なめこと彩りきのこを秋晴れの酒で楽しむ会」 H28.11.10

秋が旬の食材と言えば「松茸」が有名ですが、「松茸」以外のきのこたちも旬を迎えます。秋は、きのこの一番美味しいシーズンです。しかしながら、天然物のきのこは、気候に大きく左右されるため、入手するのは容易ではありません。実を言えば、天然物のきのこは高級食材なのです。 今回の旬の会は、そんな天然物の「なめこ」をはじめ、きのこづくしお料理をご用意いたします。天然なめこは、深山に発生し、野性味あふれる食...

旬の会 「おじろ鹿と“ひやおろし”の飲み比べを楽しむ会」 H28.9.27

旬の会 「おじろ鹿と“ひやおろし”の飲み比べを楽しむ会」 H28.9.27

秋から冬の味覚として楽しまれる鹿肉。 「小代鹿(おじろじか)」のブランドで知られる兵庫県香美町の鹿は、肉の旨みを引き出すためにひと月ほどじっくりと熟成させたもの。 時間をかけてゆっくり熟成させることで旨みに深みが増し、それでいて驚くほど上品で臭みがなくシンプルな味わいです。 滋味豊かな鹿肉とこの時期にしか味わうことのできない、半年熟成させた「ひやおろし」とともにご堪能ください。 また、二年...

  • TOP