| Other Languages |

(2017.3.30)花見鯛のしゃぶしゃぶ、蔵の酒粕料理とうすにごりを楽しむ会

旬の会(酒粕)20170211v5


もろみを搾ったあとに残る酒粕。「粕」と言いながらも実は栄養豊富な食材でもあり、特に関西では、酒造りが行われる寒い時期は粕汁などでおなじみの冬から春にかけての風物詩のひとつです。
今回は、この酒粕料理を日本一の酒どころ「灘」の郷土料理とすべく、酒粕を用いた様々な料理を考案し、皆様にお楽しみいただきます。
また、花見鯛と呼ばれる一年で最も旨みののった真鯛や鳴門若芽のしゃぶしゃぶなどとともに、春霞を思わせるうすにごりの生酒をご堪能ください。


___________________________________________________________________
■日時:平成29年3月30日(木) 19:00 開宴
■料金:7,000円(料理・酒含む・税込)
■会場:神戸酒心館 さかばやし
★ご予約・お問合わせはTEL:078-841-2612(さかばやし)まで。
当会は40名様限定となりますので、ご予約はお早めにお願い致します。
__________________________________________________________________

※写真はイメージです

  • TOP