| Other Languages |

(2014.9.20【第85回 酒蔵文化道場】 樽、この不思議な容器(いれもの)

題目: 樽、この不思議な容器(いれもの)
講師 : たるや竹十 八代目 西北 八島氏 
江戸時代、清酒を運ぶ「容器」として生まれた酒樽について、その背景や歴史をたどります。かつて日本では産湯の盥からはじまり、食事の時は、お櫃、入浴の際は風呂桶、そして最後には棺桶と、日常生活と密接な関係にありました。
樽の材料である吉野杉と真竹について、また樽と桶の違い等も解説してゆきます。
【日時】
平成26年9月20日(土) 開演 16:00
【料金】
ビジター会費 2,000円
講演の後、講師を囲んで懇親会がございます。(要予約・別途 4,000円)
 
【お問い合わせ・お申し込み】
 神戸酒心館 事業部  Tel:078-841-1121  までお電話下さい。
 または、Email: info@shushinkan.co.jp までご連絡ください。
         
   

  • TOP