| Other Languages |

雛人形展|終了いたしました

25日より3月3日まで神戸酒心館ホールでは雛人形展を開催しています。
ご覧いただく際のちょっとしたお話を・・。
一般的にお内裏様とお雛様の飾り位置は、結婚式の新郎新婦と同じで、男性が向かって左側、女性が向かって右側が多く見受けられます。しかし神戸酒心館で飾っている貝塚家ご寄贈の雛人形は逆に置かれています。
12734124_1008344969246289_7425758921332357648_n.jpg
日本古来の風習では、左側が上位とされているため向かって右側が上位となるからです。
御所の玉座の位置に基づき、京雛や日本古来の伝統的な雛人形は、お内裏様が左側(向かって右)、お雛様が右側(向かって左)となっています。
神戸酒心館の雛人形は、「高宮貝島本家」三代目当主貝島孝氏が長女禮子氏の初節句にあたり、京都の老舗人形店丸屋(現・丸平大木人形店)に製作を依頼したもの。つまり伝統的の京雛の習いによって飾られています。

  • TOP