| Other Languages |

生酛純米 雫おり酒 限定量り売りのお知らせ|完売いたしました

SAKE塾06_2016_11_12_酒母あるいは酛.001江戸時代から伝わる技法「生酛(きもと)」。
手間がかかることから明治の終わりから発達した新しい技法に置き換えられていましたが、昨今その良さが見直されています。

さらに今回は通常のしぼり方とは異なる特別な「袋しぼり」を行った雫酒です。醪の中からここぞと決めた箇所から最上の醪の一部を抜き出し酒袋に入れ棒に吊し重力で採る、これ以上無い繊細な香味。
比べるものの無いほどに完璧な香味です。
天竺木綿で漉すこと数時間。
醪の相対液量、僅か一割で雫酒の袋吊り作業は終了。
まだたっぷりとしぼれるほどのお酒を残すのは最良のお酒のみを引き出すための贅沢です。

手間のかかるぶんだけ味わいは複雑で多面性があります。
一口味わうたびに、またすぐに確かめてみたくなるような魅力を持つ味わいです。
限定50本の販売ですので売り切れの際はご容赦ください。
生酛純米 おり酒
720ml・・・・2,268円
300ml・・・・ 972円
(価格はどちらも中身価格です・量売用の瓶は別途頂戴いたします)
ちなみに細かな情報は次の通りです。
◎ 兵庫夢錦100%
◎ 70%精米
◎ 原酒(19%)
◎ おりも「生」ゆえ地方発送は不可能です。お持ち帰り時にも慎重にお願いいたします。

  • TOP