| Other Languages |

本日は「山の日」- 六甲山の恵みに感謝を込めて。

福寿蔵からは「六甲山」を擁する六甲山系が東西に見て取れます。
私たちは誠に幸運なことに、六甲山の自然から生まれた最良の素材を用いてお酒を醸すことが出来ます。
裏六甲と呼ばれる北側には「山田錦」をはじめとする素晴らしいお米が実ります。
かたや表六甲と呼ばれる南側の斜面に降り注いだ雨は伏流水となり天与の銘水「宮水」となって湧き出ます。
加えて「六甲颪」は冬の間、蔵の中を冷たく乾燥した状態に保ってくれます。
これら自然の恵みがなければ福寿のお酒を醸すことは出来ないでしょう。
福寿のひと雫は、六甲山の恵みの結晶。
かけがえのない自然の恵みに感謝を込めて、「福寿 純米酒 御影郷」の売上の一部を兵庫県緑化推進協会に寄付しています。

そして本日は「山の日」。蔵元ショップのスタッフが緑のシャツでお迎えいたします。
神戸酒心館はお盆も休まず営業しています。
皆様のご来館をお待ちしております。

FullSizeRender 34

  • TOP