| Other Languages |

台湾料理と日本酒の幸せな出会い

CIMG6441.png
台北で最も有名な台湾料理の老舗《欣葉(シンイエ)》の台北101店で台湾料理と日本酒を楽しむ夕べ《理想的な巡り会い 欣葉台菜と福寿の酒を楽しむ会》が開催されました。
日本酒はもちろん神戸酒心館『福寿』が協力。とても興奮した夕べになりました!
CIMG6452.png
会場となった台北101店は地上85階にある天空レストラン。窓の外にはしばらく見ほれてしまうこの絶景!
CIMG6442.png
景色に負けない心配りのあるテーブルセッティング。
CIMG6456.png
欣葉は1997年に創業した台湾随一の料理店。台北市内はもとより、北京、シンガポールにも支店を出すなど展開しています。薄味の関西風とも形容される洗練された味わいの料理で、地元だけでなく海外からのグルメにも人気が高く、昼夜共に連日満席の人気店です。旅行ガイドブックにも必ず大きく取り上げられていて、日本からの観光客も多く訪れています。
13日の夜に開催された今回の催しは、3年前に両社の社長が出あってから温めてきた友好企画で、周到な準備と打ち合わせにより催されました。
photo.png
CIMG6498.png
CIMG6501.png
当日は欣葉の名物料理7種と、相性を選び抜いた福寿の大吟醸、そして純米酒が共演。
もともと台湾では、お料理と共にお酒を味わう食文化は主体ではないそうです。
食べるときは食べ、お酒は食後に別途楽しむという文化とのこと。
しかしながら当夜の参加者は、台湾の食通、新聞・雑誌記者、そしてグルメブロガーなどそうそうたる方々。当然参加者はワインなどと共にお料理を楽しむことをすでに理解している人々です。
CIMG6561.png(これは出席者のサインボードです)
その彼らにしても、日本酒と共に台湾料理を合わせる試みは斬新だったようで、台湾料理が日本酒の持つ穏やかな香りと味わいに素晴らしく調和していることに驚きと興味を隠せない様子。
menu.png
デザートの後、お開きの挨拶があっても席を立つ人が少なく、皆さん心ゆくまで台湾料理(地元では台菜<タイサイ>と呼びます)と日本酒のマリアージュ(組み合わせ=結婚)の余韻を楽しまれていました。
CIMG6541.png
この日を機に、欣葉101店では今後3ヶ月にわたり台湾料理と日本酒のフェアを開催されます。
台湾にお出かけのご予定のある方、是非ご予約のうえ新たな組み合わせを体験されることをお薦めします。
%E9%9B%86%E5%90%88.png
欣葉さんのホームページはこちらから
http://www.shinyeh.com.tw/

  • TOP