| Other Languages |

今年の生酛造りが始まりました

福寿蔵の酒造りにおいて、酛造り(別名を酒母ともいいます)は高温糖化酛(こうおんとうかもと)を主体としています。

しかし私たちは、古典的で特別な酛造りも創業の江戸時代より継承しています。その技法は「生酛(きもと)」と称し、複雑で長期間を要する伝統の技です。

半切り桶と呼ばれる背丈の低い桶に入れた蒸米と麹米、宮水を攪拌。そののち、熱湯を入れた暖気樽(だきだる)を操作して細やかな温度管理を行います。

4週間にわたり微生物をうまく操ることで初めて得られる酛からは、複雑で個性豊かな味わいのお酒が出来上がります。

今期も「純米」と「純米吟醸」に生酛仕込みを用いて仕込みます。

IMG_6771 IMG_6766

  • TOP