| Other Languages |

【第106回酒蔵文化道場】「有機農業の可能性~安全良質な食べ物を求めて~」

題目:有機農業の可能性~安全良質な食べ物を求めて~
講師:神戸大学名誉教授・NPO法人兵庫農漁村社会研究所理事長・兵庫県参与( ひょうごの農担当) 保田 茂氏

母乳から農薬が検出されるというショッキングな事実(1970年1月)を背景に、翌年の1971年10月に日本有機農業研究会が誕生し、安全良質な食べ物を求める世論が全国に広がっていきました。以来、半世紀近い時間が過ぎましたが、残念ながら、有機農業の輪はあまり大きく広がりませんでした。

一番の理由はどこでも簡単に取り組める技術がなかったからです。
そこで、新たな有機農業技術の開発に着手、10年の月日がかかりましたが、現在、各地で有機農業の学校を開設し、普及に取り組んでいます。いまや有機農業に取り組む若き生産者も増え、有機農業の可能性は大きいというべきでしょう。

日時:2018年3月17日(土)16:00〜

料金:ビジター会費 2,000円
講演の後、講師を囲んで懇親会がございます。(要予約・別途 4,000円・当日参加は5,000円)
お問い合わせ・お申し込み:
◎ 神戸酒心館 事業部 Tel:078-841-1121 までお電話ください
◎ または、e-mail: info@shushinkan.co.jp までご連絡ください
◎ 価格は消費税込み

106_bunka_ds

  • TOP